「長期事業計画」って、本当に必要なの?~前編~

以前、クライアントから、「長期事業計画書を作りたいのですが・・・」と相談がありました。

あなたは、何のために長期事業計画を立てる必要があるのか、分かりますか?

たとえば、5年の「長期事業計画」を立てるとします。
まずやるべきことは、「資金運用」の計画です。

これが、事業計画において一番重要な作業ですが、一言でいうと、「意図的にB/Sの勘定科目を変えること」です。

やり方としては、「資産の部」は、より上位の勘定科目に数字を移します。
「負債の部」は、より下位の勘定科目に数字を移します。

社長が意識的に「数字の取り方」を決めていないと、いつか必ず資金繰りに苦しみます。
「資金運用」とは、会社を潰さないための社長の方針ともいえる最重要項目です。

そして、それを元に、5年間の財務分析を行います。
その過程で、5年後から逆算していけば、「今、何をすべきか」が分かります。

つまり、「長期事業計画」とは、「5年後にこうありたい」という目標を設定するとともに、「今日の決定」をするためにも必要なものなのです。

実は、それともう一つ、「数字」面だけでなく、長期事業計画には大切な役割があります。

それについては、次回お話しますね。

本日の道場訓
メモ長期計画は、「今日の決定」をするためにある!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP