ホーム > 入門の心得入門の心得トップ
次へ

入門の心得

ここでは、起業家が「成功する」ノウハウよりも、「失敗しない」ノウハウを中心に述べています。

起業準備中から起業3年目までの間に立ちはだかる壁や窮地を、いかに切り抜ければ良いのか。
その具体的な考え方や方法を、私のこれまでの経験から学んだ知恵を元に紹介していきます。

従って、よくある精神論や情熱論は、一切排除したつもりです。

起業家であるなら「志」や「情熱」は持って当たり前。
その先にある現実に焦点を当てて、「失敗しない」ための方法論を具体的に述べていきます。

もちろん起業家として身につけておかなくてはならない精神面にも触れていますが、これまで当たり前のように聞いてきた言葉の本当の意味が理解できるよう、経営の最前線の現場の実例を通して説明したつもりです。
どうか真摯な気持ちで、何度も繰り返し熟読して頂きたいと思います。

起業を志す人は、情熱はあっても経営能力があるかどうかは、自分でも分からないというのが正直な気持ちだと思います。
ほとんどの起業家は、毎日が問題発生の連続です。
自分のやっていることが正しいのか間違っているのか。
どちらを向いて走っているのか、自分でも分からないというのがビジネスの世界です。

その中で、成功する起業家と失敗して挫折する起業家がいます。
結果は大きな違いですが、その明暗を分けた判断の差は、ほんの些細な違いに過ぎません。

経営には、受験問題のように、絶対的な正解はありません。
だからこそ、その判断が難しいのですが、より誤りの少ない解答を導くコツはあります。
ここでは、そのコツを繰り返し頭に刷り込む作業を行います。

起業家がどうしたら致命的な失敗をしないで済むか、の実践的な戦術レベルの経営手法を細部に至るまで公開します。
膨大な量なので、完成は先になると思いますが、徐々に加筆していく予定です。

経営の最前線で起こる真実を書き記すつもりなので、本気で起業を志す方には、これ以上ないくらい役に立つものだと自負しています。

我こそはと思われる方は、ぜひこの模擬経営に挑戦してみてください。



次へ