ホーム > 門下生だけの特典 > 会社設立手続き会社設立手続きトップ




● 会社設立費用


電子定款に対応している場合の費用です。

(それ以外の場合は、印紙代が \40,000 かかります)

設立後の定款・謄本・印鑑証明書が必要な場合は、印紙代等別途料金が発生します。


「24万円ということは、書類作成サービスだけ!?」

と思われたかもしれませんが、そんなことはありません。

会社設立手続きの一切を代行致します。

この料金は、ハッキリ言って、

自分でやるより安いです!!

なぜなら、自分でやると、定款の印紙代が4万円余分にかかるからです。

※ 自分でやった場合


自分で手続きをした場合には、定款の作成から、議事録の作成、申請書の作成
といった必要書類を作らなくてはなりません。
それと同時に、同一商号、事業目的の適否も、事前に法務局で確認する必要があります。
そのため、何度も公証人役場と法務局を往復するようになります。
その手間はもちろんのこと、交通費だけでもバカになりません。


自分でやるより安くて、面倒な手間も一切かからない。

それでもあなたは自分で会社を作りますか!?


しかし本当は、「法人設立」のカテゴリーで述べたように、設立に際して重要なのは、そんな「事務手続き」ではありません。

「あなたの実情に最も適した設立をプランニングする」

ということです。

「自己資金が不足しているため、なんらかの資金調達をしなければならない」

「会社の所在地により創業融資の条件が違うと聞いたが、
どこが有利なのか分からない」

「初年度から売上が見込めるため、節税も視野に入れた設立がしたい」


他にも、役員構成、出資比率、設立形態等の違いにより、設立後の方向性が大きく変わってきます。

これはやはり、経験豊富な経営のプロから
アドバイスしてもらうしか方法がありません。

会社の設立手続きは、信頼できる行政書士の方に代行してもらいますが、

当NPO法人は、それだけではありません!!




本来なら、それ相応の料金を頂くところですが、
会員様に限り無料で対応いたします。

スタートダッシュでつまずかないように、慎重に会社設立をされることを希望します。


● 許可申請手続き

業種によっては、許可を申請しなくてはいけないものがあります。

その書類作成と申請手続きについても、格安で対応いたします。

許可申請一覧


※知事、大臣許可区分のあるものは知事区分の費用となります。


● 守秘義務

業務上、知り得た秘密等を、正当な理由なく、外部に漏洩することは一切致しません。